人によって鬱の症状は異なる【長期間の治療になるケースが多い】

発症する原因とその種類

男の人

治療するための費用

鬱病には様々な種類があり、その症状によって治療法も変わっていきます。たとえば、よく聞かれる鬱の症状では、落ち込みが激しくため息をつく回数が増え、いつまでたっても元気が出ない状態が続き、その影響から仕事や学業へのモチベーションが下がる他、生活にも支障が出てきます。その原因は主にストレスと言われていますが、そのストレスがどのようなきっかけや形によってあらわれ、感じてしまうのか、状態によって種類が違ってきます。人間関係や環境の変化、なんらかの大きなショックを受けたことから発症するのは主に抑欝病と呼ばれています。そして妊娠して出産してから発症する産後鬱というものもあれば、「季節型」と呼ばれる、季節によって発症するものもあります。人間関係や環境の変化によって病気になるのはよく聞きますが、産後で病気になってしまうのは何故なのでしょう。それはホルモンバランスが異常に乱れてしまうことから、発症するのではないかと考えられています。出産するまでの間、妊婦は何かと大きな不安を抱えながらストレスを感じています。それに夫や親から理解されずにいればさらにストレスを感じ、出産後ホルモンバランスを崩してさらに不安を抱えてしまうようになるため発症するのではと言われています。季節型では、特に冬の季節に発症する人が増えると言われています。その理由は、セロトニンを分泌させる太陽の光を浴びる時間が少なくなることにあります。セロトニンはストレスを感じにくくさせ、脳を活性化させる大切な神経細胞の一種です。冬は太陽が登る時間が少なくなることで、病気になる人が出てくると考えられています。鬱病を発症し通院する場合は、処方される薬や治療法によってその費用が変わってきます。そしてそれは症状の軽さや重さでも変化していきます。中でも産後鬱の場合は、症状によっては入院が要されることもあります。産後は出産することで急激にホルモンバランスが乱れるため、鬱の症状があらわれる女性がいます。しかもそれは現代増えています。増えている原因は、コミュニティーが築きにくいこともありますし、夫が無関心または子供が産まれることにピンとこず、妊婦の気持ちを理解できないこともあげられます。赤ちゃんが産まれたにもかかわらず、再度入院するようになれば赤ちゃんと育てることも難しくなります。症状がひどい人の場合は一年以上入院する患者もいるため、出産までの間は心身ともに気をつけなければなりません。もし、病院で見てもらわなければならなくなった場合は、抑欝や季節型となれば、ほとんど通院となるのでおおよその費用は2000円から5000円といわれています。入院する場合は、医療費3割負担となるためそれなりの金額がかかる可能性もあります。おおよそ1日の入院費で10000円といわれています。ただ高額医療制度というものがあり、高額医療となれば役所に申請すれば返還されますが、それまではその費用を用意しなければなりません。入院するには費用が大きくかかることもあるため、病気にならないよう予防策を行うのが望ましくあります。その予防策は、普段からいろんな人とコミュニティーをとることができる環境で生活するのが、一番の予防法となります。

Copyright© 2018 人によって鬱の症状は異なる【長期間の治療になるケースが多い】 All Rights Reserved.